FC2ブログ

ディスカバー

向日葵畑

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

有明海の真夏の海風の薫りが、心地良い。5haに咲いていれば50万本の、見事な向日葵🌻(畑)だった。人間の欲望は尽きる事がない。旧知の友と優しい山に抱かれ、森閑の寺をそぞろ散策し、恋ほたるの湯けむりに汗を流し、冷えた生麦酒に喉を鳴らし、蒸篭(せいろ)からこぼれる程の鰻をたらふく食した。もういいだろう、これ以上何を望むというのか。告「新型コロナウィルス感染拡大防止のため、今年の開園は延期(10月下旬予定)とな...

羅漢

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

清水山(331m)を降り、舗装した林道から右脇の山道に逸れて山中を暫し下ると、清水寺の鳥居前に出た。そのまま清水寺本堂への石段を登らずに右に折れ下ると、その先に「仁王門」があった。門をくぐると、車道に沿って流れる小さな渓流沿いに、苔むした岩場と「五百羅漢」が現われ、 三途の川を思わせる様な冷気が漂った。(どうもルートが逆っぽい)「羅漢」は阿羅漢の略称、案内に「無学」とも呼ばれるとある。「無学」とは自分...

寒の地獄

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

朋友に誘われて「寒の地獄」。14℃の冷泉は、最初こそ震え上がったものの、齢のせいだろう地獄どころかほぼ昇天状態。...

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

お御馳走様でした。料理は器である。老舗ながら積極的な展開をされている S というお店のお弁当をいただく。お刺身・煮物・揚物・焼き物と、素材も味付けも天下一品、素晴らしかった。流石高級お弁当、それらを包む陶器の、控え目で落ち着きのある色合いと質感、器によって更にその美味しさは際立つのだ。料理は器である。(吃驚仰天!器は何とプラスチックだった)...

カツカリーサンド

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

草履のようなボリュームのカツ、スパーシーなカレー味は、そんじょそこらの女子どもには食えないのではないかと思うが、店内は中高年やご婦人が多いように見える。コメダ珈琲の「カツカリーサンド」(880円)はコーヒーを付けてしめて1,330円也。大満腹大満足だが、日常的ランチとしては、オッちゃんには量も価格もちときつい。1968年愛知県発祥で全国に約900店のフランチャイズ展開、昔ながらの喫茶店の業態(様々な工夫はある)...