ディスカバー

オオヤマレンゲ

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

利休が愛し、茶花として用いたというオオヤマレンゲ、別名「森の貴婦人」あるいは「天女花」。成程うつむき加減に咲き、純白で清楚、花芯は小さな仏像に見えるとも。九重で自生しているのはここと鳴子山の二ヶ所との事、当人達は感動ものだったが、無粋な野郎5人組には、およそ似つかわしくない可憐さではあった。 ...

山と水と木と・・・。

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

黒川あたりの花と水と木と。🌼💦🌲(昨日の附録)  ...

山みず木

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

森の緑、湧き水、ミヤマキリシマ、湯の花、地酒とワイン、黒川温泉♨️の奥座敷で親交を温める、至福!  ...

古賀久

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

昼から呑めるレトロ感漂う老舗大衆酒場。日曜のせいか、時間が早いせいか、昔の喧騒は無い。旧知の友ではなく、たまには新しく知り合った方と語るのは良いと思うが、すぐ酒に走るのが悪い癖(病気か)だ。 ...

福寿草

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

福や寿はそう簡単には手に入らない、仰烏帽子山(のけえぼし1302m)ツアー。雨ぬかるみアップダウン積雪凍結スリップ転倒となかなかシビアな状況の中、肝心の福寿草は踏み荒らしで激減と、立入禁止区域の看板もあった。それでも可憐な花との出会に、災いと厄多き見と心が洗われた(気がした)。 ...