ディスカバー

飯屋真侍

Posted by farmert on   1 comments   0 trackback

スペイン語教師Yと、グアテマラ留学希望の生徒さんの会食の末席を汚す。酒良し、肴良しのこの店の驚くべきは、雑居ビルの5Fでエレベーター無しでこの賑わい。いつも思うが、福岡の夜は刺激的。 ...

酒菜

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

ちょっとした酒菜にもなる、超簡単常備菜(保存食)2品。パプリカのマリネ、人参とこんにゃくのキンピラ。安酒大量飲酒の反面、まだ命が惜しいのか、カラントS(植物由来甘味糖類0)、亜麻仁オイル、ワインビネガー等を使ったり、人参は皮ごと使うなど少し悪足掻きしている。...

彩舞庵

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

看板ウォッチング。ひと月で計算すると、@3時間×5日×4週(≒1月)=60時間(2.5日分)の営業時間、これで続いているのって凄くない!?(実際は採算度外視、内容充実の老舗蕎麦屋さんだそうで、是非行ってみたいと思ってます)...

レタス

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

ファーマータナカの久々新農業講座第19回。「旬の野菜レタス」結球タイプ(クリスプヘッド型)が一般的だが、私は主にサラダ菜(バターヘッド型、ボストンレタスともいう)を作っていた。他にロメインレタス・サンチュ、珍しいところでは山クラゲ(ステムレタス)とかもある。日本での歴史は古く、地面に近い葉から順次掻きとって食す「かきチシャ」は平安時代から栽培。語源はラテン語で乳を意味するLacで、新鮮なものは切り口か...

栄枯盛衰

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

街角ウォッチング。開く店あれば、閉じる店あり。己も経験があるので感慨深いが、総じて当地の飲食業界はまだ元気があるように見える。栄枯盛衰で有名な「平家物語」を貼っておく。祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。...