ディスカバー

ソーテルヌ

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

ファーマータナカの迷酒珍酒カクテルストーリー兼新農業講座回。

こんなところで又会うなんて、神様も悪戯好きだ。

ファーマータナカは酒に溺れていた(いる!?)。
情報収集と称してのべつ幕なし酒場や酒売場を徘徊していた。
貴女に初めて会ったのは、私にとっては似つかわしくない、とある福岡市内の高級ホテルでのワインの試飲会という、お洒落で運命的な出会いであった。

嗜好というものは段々としかも末期には、過激にエスカレートしていくものだ。
例えばペペロンチーノならニンニクと唐辛子の中にパスタが少量からまっていればいいという具合に、又例えば性愛なら鞭と縄と女王様という具合に(ちょっと違うか)。

お酒もまさしくその通りである。
ウオッカなら、96°か唐辛子入りに行き着き、ウィスキーならヨード香バリバリのアイラに行き着き、ブランデーなら荒削りのグラッパに行き着き、リキュールならスターアニス(八角)入りのパスティス(アニス酒)に行き着く。
甘いだけのワインなんて、甘い恋と一緒で子供騙し、だから辛いか、えぐいタンニン臭が際立っていなければならないはずだと思っていた。

しかし、その会場に立つ貴女の、甘美だが上品なアロマ、気品を重ねたブーケ、高貴な白なのにセクシーボディが、ファーマータナカをほんの一時だが、おどろおどろしい酒のタルタロスから引き戻してくれたのだった。
依存や刺激ではなく、忘れかけていた憧れやときめきを運んでくれた貴女。

🍷🍷🍷 ソーテルヌ(白ワイン)🍷🍷🍷 

貴女の名前はソーテルヌ。
たが所詮身分が違う。
下層階級のファーマータナカにとってのこの出会いは、偶然の成せる技であり、ましてや彼女を又舌でころがしたりはおろか、二度と貴女と会うことさえないと思っていた・・・。

それから随分と時は流れ、日々の忙しさにかまけていた。

いきあたりばったりで始めた百姓という仕事。
自給ではなく、人が農を業とした時から始まった様々な矛盾と徒労の山。
例えば、寒期の温度を獲るために、過湿というとんでもないお荷物をかかえてしまった。
密閉したハウスの中は、夜間湿度はほとんど100%になってしまうのだ。
カビの類には打って付けの環境となる。

「灰色カビ病」という病気がある。
ファーマータナカは、サラダ菜とトマトを作っていたのだが、そこに敢然と立ち塞がっていたのがこの病気の元凶、そう、「ボトリチス・シネレア」という菌だ。
この菌は枯死した有機物の上でも容易に繁殖できる。
日常生活の中でも台所に放置しておいた野菜や果物に生えてくるカビの多くもこの菌と言われる。
したがって、この菌にトマトの株元でも侵されるなら、自慢の1株から数千個を収獲するという高度な技術もあっという間に水泡に帰してしまう。
収獲間際のサラダ菜の同じく株元が侵されれば、ビタミンたっぷりの緑の葉も出荷不能で廃棄に涙する。

18世紀のヨーロッパ貴族社会の頃から珍重されている「貴腐ワイン」という白ワインがある。
葡萄の開花期後に降ったり晴れたりの天気が適当な間隔で繰り返された年に、収獲期の葡萄に灰色のカビがたくさんつくことがある。
カビのついた葡萄は、表面のワックスが溶かされて水分の蒸散が盛んになるために、干し葡萄状態となり、果実内では酸が消費されて、糖度の高いいわゆる「貴腐葡萄」ができるのであった。
この一粒一粒を摘み取って作り出される「貴腐ワイン」がそう「ソーテルヌ」貴女だったのだ。

表と裏、善と悪、天使と悪魔、ジキルとハイド・・・。
ああ、ソーテルヌ!! ああ、ボトリチス・シネレア!!
あこがれの甘美なワインを作り出すその菌が、ファーマータナカの生業ひいては生存を脅かすその元凶だったとは、あまりにひどいめぐり合わせではないか。
(2004.05.16 記を一部加筆修正)

ファーマータナカの迷酒珍酒カクテルストーリー兼新農業講座。

こんなところで又会うなんて、神様も悪戯好きだ。

ファーマータナカは酒に溺れていた(いる!?)。
情報収集と称してのべつ幕なし酒場や酒売場を徘徊していた。
貴女に初めて会ったのは、私にとっては似つかわしくない、とある福岡市内の高級ホテルでのワインの試飲会という、お洒落で運命的な出会いであった。

嗜好というものは段々としかも末期には、過激にエスカレートしていくものだ。
例えばペペロンチーノならニンニクと唐辛子の中にパスタが少量からまっていればいいという具合に、又例えば性愛なら鞭と縄と女王様という具合に(ちょっと違うか)。

お酒もまさしくその通りである。
ウオッカなら、96°か唐辛子入りに行き着き、ウィスキーならヨード香バリバリのアイラに行き着き、ブランデーなら荒削りのグラッパに行き着き、リキュールならスターアニス(八角)入りのパスティス(アニス酒)に行き着く。
甘いだけのワインなんて、甘い恋と一緒で子供騙し、だから辛いか、えぐいタンニン臭が際立っていなければならないはずだと思っていた。

しかし、その会場に立つ貴女の、甘美だが上品なアロマ、気品を重ねたブーケ、高貴な白なのにセクシーボディが、ファーマータナカをほんの一時だが、おどろおどろしい酒のタルタロスから引き戻してくれたのだった。
依存や刺激ではなく、忘れかけていた憧れやときめきを運んでくれた貴女。

🍷🍷🍷 ソーテルヌ(白ワイン)🍷🍷🍷 

貴女の名前はソーテルヌ。
たが所詮身分が違う。
下層階級のファーマータナカにとってのこの出会いは、偶然の成せる技であり、ましてや彼女を又舌でころがしたりはおろか、二度と貴女と会うことさえないと思っていた・・・。

それから随分と時は流れ、日々の忙しさにかまけていた。

いきあたりばったりで始めた百姓という仕事。
自給ではなく、人が農を業とした時から始まった様々な矛盾と徒労の山。
例えば、寒期の温度を獲るために、過湿というとんでもないお荷物をかかえてしまった。
密閉したハウスの中は、夜間湿度はほとんど100%になってしまうのだ。
カビの類には打って付けの環境となる。

「灰色カビ病」という病気がある。
ファーマータナカは、サラダ菜とトマトを作っていたのだが、そこに敢然と立ち塞がっていたのがこの病気の元凶、そう、「ボトリチス・シネレア」という菌だ。
この菌は枯死した有機物の上でも容易に繁殖できる。
日常生活の中でも台所に放置しておいた野菜や果物に生えてくるカビの多くもこの菌と言われる。
したがって、この菌にトマトの株元でも侵されるなら、自慢の1株から数千個を収獲するという高度な技術もあっという間に水泡に帰してしまう。
収獲間際のサラダ菜の同じく株元が侵されれば、ビタミンたっぷりの緑の葉も出荷不能で廃棄に涙する。

18世紀のヨーロッパ貴族社会の頃から珍重されている「貴腐ワイン」という白ワインがある。
葡萄の開花期後に降ったり晴れたりの天気が適当な間隔で繰り返された年に、収獲期の葡萄に灰色のカビがたくさんつくことがある。
カビのついた葡萄は、表面のワックスが溶かされて水分の蒸散が盛んになるために、干し葡萄状態となり、果実内では酸が消費されて、糖度の高いいわゆる「貴腐葡萄」ができるのであった。
この一粒一粒を摘み取って作り出される「貴腐ワイン」がそう「ソーテルヌ」貴女だったのだ。

表と裏、善と悪、天使と悪魔、ジキルとハイド・・・。
ああ、ソーテルヌ!! ああ、ボトリチス・シネレア!!
あこがれの甘美なワインを作り出すその菌が、ファーマータナカの生業ひいては生存を脅かすその元凶だったとは、あまりにひどいめぐり合わせではないか。
(2004.05.16 記を一部加筆修正)

ソーテルヌ

ワイン女性

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farmert.blog.fc2.com/tb.php/17-dde7c98a