FC2ブログ

ディスカバー

陶淵明

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

気が付いたら、盗煙迷(陶淵明)になっていた。 

閑で面白い事も無く、夜は長いし、酒があれば飲むしかない。
自分の影を相手の独酌に俄かに酔いが回り、酔った勢いで文士気取りで詩を編み、独り悦に入る。
脈絡なく書き散らし溜まった塵が、せめてもの笑いの種にでもなればよい。

(参考文献:陶淵明・飲酒二十首・序)
余閑居寡歡   余閑居して歡び寡く
兼比夜已長   兼ねてこのごろ夜已に長し
偶有名酒    偶たま名酒あれば
無夕不飮    夕として飮まざる無し
顧影獨盡    影を顧みて獨り盡くし
忽焉復醉    忽焉として復た醉ふ
既醉之後    既に醉ひての後は
輒題數句自娯  輒ち數句を題して自から娯しむ
紙墨遂多    紙墨遂に多く
辭無詮次    辭に詮次無し
聊命故人書之  聊か故人に命じて之を書せしめ
以爲歡笑爾   以て歡笑と爲さんのみ

陶淵明

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farmert.blog.fc2.com/tb.php/512-1b6e2384