ディスカバー

閉店と開店

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

ファーマータナカの遅くて役に立たない業界情報。

何時の時代にも繁盛店はあるのだが、いずれにせよ、飲食業界には厳しい時代と言わねばならない。

鳴り物入りでオープンした久留米シティプラザ、その一角「鉄板焼き 六角庵」は「梅の花」プロデュースだったがそれでも早々に閉店、超一等地と言うのが実は曲者なのだが、半年ちょっとでの撤退はまさに経営者判断というものだろう。
一方新装開店「ミライザカ」は、かのブラックと言われた「和民」がブランドイメージ隠しとも揶揄される業態変更店だ。
この戦略で急激に業績改善との情報もあるが、評判は?、今後を注視したいところ。

飲食業界

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farmert.blog.fc2.com/tb.php/65-09e24cec