ディスカバー

Posted by farmert on   0 comments   0 trackback

マンションの駐車場に停めておいたBIKEのサークルライトが破損しているのを発見。
どう見ても悪戯(悪意)の可能性が高い。
一応、監視カメラは作動しているらしいので、管理人さんに相談すると、警察に届けて、管理組合を通しての確認という手続を踏まないといけないらしい。
被害金額は大した額ではないのだが、サイクルメーターや携帯ポンプ、あるいはパンク等、今後も被害の可能性も否定できないので、届ける事とする。

交番に赴いてみると、あにはからんや、「悪戯された証拠がない、振動による破損かもしれない。」等とのたまい、少額のせいか、「被害届を出しますか、出しませんか。」等と言いながら、何やら面倒臭いといった面持ちだ。
誰某の悪戯だと判明していないから相談に行っているのに、ちょっとがっかり。
渋々対応はしてくれることになった。
ライト

CATEYEは、自転車部品等の開発、製造をする企業である。
驚いたことに自転車用リフレクターでは国内シェア70%、国外シェア40%にのぼるという。
日本には、こういうしっかりした企業がたくさん存在しているのだ。

このサークルライトは、デザイン・性能とも悪くはないが、夜間の照明灯としては明らかに光量不足だ。
従ってもともとと非常灯的な使用だったが、早朝等の暗い一般道ではそれなりに存在を知らせる位の効用はある。

ファーマータナカも遠い昔無茶やった事もあるので、因果応報と言えばそれまでだが、最近は人の痛みも少しは配慮できるよう努力もしているつもりなので、一般庶民が平穏に生活していけるようお互い心がけていきたいものだ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farmert.blog.fc2.com/tb.php/8-b68b2f30